大人が夢中になる昆虫育成

皆の憧れ!カブトムシの生態と飼育法

カブトムシは夜行性で、昼間は木の根元や落ち葉の下で休んでいます。
成虫の国産カブトムシの寿命は短く2か月ほどで、一番長いヘラクレスオオカブトで1年近くです。
種類別に寿命が異なるので注意しましょう。

国産カブトムシは7月から8月位まで卵で、8月から翌年6月まで幼虫、6月から7月までサナギ、7月から9月まで成虫です。

観賞用ケースはクワガタもカブトムシも同じで、SS、S、M、Lサイズがあります。
国産ならSS、外国産ならSサイズケースを用意しましょう。

ケース内はホダオガやハスクチップを4~5分目位敷いておきます。

エサは木のエサ台に、リンゴ、バナナ、昆虫ゼリーを置きましょう。

卵から育てる場合、ケースに市販のマットなどを20cm以上硬めに詰めて、マットの表面にくぼみをつけて卵を落とし込んでください。
幼虫のエサはマットや腐葉土で、水を含ませ手で握って団子になるくらいにしてください。

カブトムシを飼う上での注意点

カブトムシはむやみに手で触ると、早く死にます。
乾燥に弱いのでマットの表面が乾いたら、霧吹きなどで湿らせてください。
カブトムシの体にダニがついたら、歯ブラシでこすってください。
夜に活動しますので、エサを食べたり飛んだりと音を出すので、気になる方は音が響かないところで飼育してください。
カブトムシは勢いよく尿を飛ばすので、ケースやケースの外が汚れたりします。
この尿は匂いを発するため、カブトムシ独特の匂いがどうしてもしてしまいます。
スイカやメロンはお腹を壊すので与えないでください。
直接土の上にゼリーを置くと、土が腐って虫が湧きますので注意してください。
カブトムシはひっくり返ると戻れなくなるので、落ち葉や木の皮を必ず敷いてください。